最近忙しいことを言い訳にスキンケアを怠っていました。「落ち着いてきたらやろう」「まだ大丈夫」「肌が荒れてきたらやろう」なんて呑気に考えていたのですがその間に気づいていたことがあったのです。それは「目の下の小じわ!」そんなある日snapchatでフォローしている1人 ...