レッスンの前にお話をするのが好きなのですが

ヨガを始めてからほぼ毎週レッスンに通って下さる生徒さんから



「ヨガを始めてしばらく経つけど最近食べるモノが変わってきた」

「必要以上に食べるモノを欲さなくなった」



と、ご自身の変化についてお話してくれました。







ヨガを始めると同じような声をよく聞きます。

一見ヨガをしているだけでは食のスタイルが変わるなんて

結びつかないような気がしますが

意外なところに理由があるんです。



それはヨガをしている時にいつも何気なくしていることなんですが

私たちはレッスンの間、常に自分の心地よさを探っています。

どのぐらいポーズを深めたらキツイのか

どのぐらいだったら物足りないのか

常にどのポーズでもちょうど良いところを探しています。







この「ちょうど良い」を探すクセがついてくると

日常生活でも「ちょうど良い」を探すようになってきます。





「どんな食べ物をとったら心地良いのか」

「どのぐらいの量をとったらちょうど良いのか」

体の中の声が自然と聞こえるようになってきます。



私たちは常に外からの刺激を受けて生活しています。

(↑このフレーズ!よくレッスンでお伝えしていますね!)

外からの刺激だけをもらい続けていたら

自分の内側の声がだんだんと聞こえにくくなってくると思います。







ヨガで痩せた、とか

ヨガでキレイになった、とかも

よく聞きますね。

それって体の声を聞けるようになって

自分に必要な食べ物をとるようになったことも

1つの要因だと思います。




以前ダイエットは運動だけでなく食生活の改善も必要だ

と書きましたが↓

ダイエットとヨガ

良いと分かっていてもなかなか変えられないのが食生活です。






ですが、ヨガを続けていくうちに自然とこの習慣が変わっていき

無理なく改善していけるので

ヨガを続けている人はナチュラルに健康的になり

ナチュラルに美しくなっていくのだなぁと思っています。


ヨガの恩恵は数知れず…。

続けていくことで見えてくるものもあります。